ほんまにほんま〜大村歌奈のきまま帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 手塚治虫展

<<   作成日時 : 2009/04/23 21:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


行ってきました、手塚治虫展

感動しました。

溢れでる才能に。
作品を通して描かれる「命」に。

天才ってこういう人をいうのだなと思いました。



「命を大切に」

分かりきっていて、ありがちな言葉で、
声に出すと思わず笑ってしまいそうです。

でも、手塚さんの作品はすべてそこに集約されます。
15万枚の原稿に託しつづけたのです。

圧倒的な説得力でした。



いつもはパンフレットとか図録とかは買わないのですが、
あまりに感動して買いました。

「ジャングル大帝」の最期の原稿とか、半泣きでした。



図録とともにお土産ショップで思わず衝動買い。

ブラック・ジャック先生、愛してます

画像


でも、これではおしりを拭けませんよねぇ。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あぁぁ、そんなんやってるねんや
素敵
私も観に行こう・・・
手塚作品のメッセージってほんとに胸にずしりとのしかかるよね
決して作品自体は重々しくなく、寧ろ軽妙だったりユーモラスやったりするのにね
かっこいいとか綺麗とかだけじゃなく、ちゃんと人間らしい苦悩も描いていて、だから心に響くのかなぁ
ほんま偉大な表現者なんやなぁと思います
歌奈たんの日記を読んで、アドルフに告ぐのワンシーンを思い出してしまってちょっと泣いてしもたー^^;
ありす
2009/04/23 22:10
>ありす様
ぜひ行ってみてください!豊中出身宝塚育ちの方ということもあって、兵庫県人としてはさらに感慨深いです。
「アドルフに告ぐ」、私も何度も読みました。読むたびに戦争や人間の愚かさに苛まれます。
歌奈
2009/04/23 23:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
手塚治虫展 ほんまにほんま〜大村歌奈のきまま帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる